「東西問題」から「南北問題」へ。桜出版は文化・文芸のパラダイムシフトを提言します。

桜出版

編集室より
  • 2011年01月12日
  • プロが求める『生死一如』

『生死一如』サンプルPDFの無料ダウンロードサービスは、この年末年始のアナウンス効果もあって、たいへんご好評をいただいております。ダウンロード版をみて、本を購入したいという方も増えています。
なかでも驚いたのが、お寺さんからのまとまったご注文があったことです。じつは、作者の叶静游氏の対談のお相手をつとめられた菅原研洲師は、30代半ばとお若いですが、その所属する曹洞宗総合研究センター宗学研究部門は、いわば曹洞宗の宗学の本山であり頭脳です。実際に曹洞宗僧侶の教育のため、日本各地に赴いておられます。空港や駅に出迎えられた方が、あまりに若くて驚かれたというお話をよくお聞きしました。道元が正師を求めて中国に渡り、如浄と出会って嗣書を相承し、釈尊から数えて五十二代の祖師となったのが二十八歳。僧侶にとって三十代というのはもっとも飛躍する世代なのかもしれません。ただし、若くしてそこまで到達するには、凡夫には想像できないような相当の修行をされてこられたことはいうまでもありません。
菅原師のお話は、道元の死生観を一般の方にも分かりやすく説いたと紹介しましたが、実際にはそれでも敷居が高く、むしろ現職の方にもっとも分かりやすい説き方だったのかもしれません。たしかに、『正法眼蔵』は本で読んだだけではちんぷんかんぷんです。解説を読んでも、ますます混乱するばかりです。さまざまな譬え話などを交えながら、繰り返し繰り返し学んで、はじめてようやく糸口が見えてくるという教えです。
『生死一如』は、むしろ哲学や詩歌、なかでも西行や芭蕉といった最高峰の歌人、俳人の世界を理解するうえで必須の入門書の役割りも兼ねたものとして問うた本でしたが、思いもかけない読まれ方がなされていることを知り、本当に驚ろき、かつ光栄に思っております。

  • 2011年01月03日
  • 岩手日報1月3日付に書籍広告を掲載

暮れの12月25日に続いて、本日1月3日の岩手日報第一面記事下に『なみだは重きものにしあるかな』の書籍広告を出稿しました。前回も問い合わせがありましたが、さて、今回の反響はどれくらいか、気になるところです。
盛岡市内の書店では、啄木や賢治など、郷土に関係する書籍コーナーを設けているところも多く、さわや本店などでは『北天の詩想』は今でも平積みでおかれています。
また、岩手県立図書館で開催された「啄木と金田一京助」展でも、『北天の詩想』が展示されていました。
こうした関係者の目に止まるだけでも、出稿の効果はあると思っています。

  • 2011年01月02日
  • 啄木と「生死一如」

『生死一如』の無料ダウンロードサービスをご利用のため、初めて当ホームページをご訪問下さった方も多いと思います。そこで『なみだは重きものにしあるかな』の出版を知ったと思いますが、実はこの二つ、一見関係ないように見えて、大いに繋がっています。

その一つは、「曹洞宗」です。啄木の生まれた宝徳寺が曹洞宗寺院で、父一禎が曹洞宗僧侶、母かつ子の兄も曹洞宗僧侶であったことはよく知られています。父一禎が最初に住職として常光寺に着任したのが明治5年。以来、宝徳寺に移るまでの17、18年間、一禎は日ノ戸部落唯一の知識人として師弟の教育から田畑の開墾、道路の改修、部落の政治向きのことまで、顧問格として大事がられたと言われています。明治政府の廃仏毀釈の政策によって、多くの寺院や僧侶は経済的基盤を奪われ困窮しましたが、地方においてはまだまだ寺の威厳は守られていたということでしょう。また、啄木は戸籍では私生児とされていますが、これも妻帯を認めない寺族故のことです。当時はすでに曹洞宗においても僧侶の妻帯が認められていたにもかかわらず私生児としたことは、一禎や母方の寺の、僧侶としての修行の目標の高さ、格式の高さを示す事実とみることもできるかもしれません。
啄木はそういう寺族で、幼少よりその影響化にあったことは明らかですが、今年4月には百周忌を迎えるのに、寺族としての啄木作品への影響の研究は、まったくの白紙といってよい状態です。そして、父一禎を通じて啄木に中に通奏低音のように受け継がれたものこそが、その後の啄木の西欧受容のかたちを決めていったと考えられます。この解明がないかぎり、国民詩人としていまなお広く愛され続けている啄木の真の魅力には迫れないということです。
その意味で、『生死一如』を読んでから啄木をもう一度読み直してみると、あたらしい発見があるかもしれません。
いずれにしても、啄木における曹洞宗を含めたその基層の詩想の研究は、その緒についたばかりです。

次に関係あるのは「啄木と五行歌」に関することですが、長くなりましたので、次回にします。

  • 2011年01月01日
  • 新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりました。
昨年は、啄木の『一握の砂』発行からちょうど100年にあたる(2010年)12月1日に、宮崎郁雨が函館日日新聞に連載した「歌集『一握の砂』を讀む」と、それに返して啄木が函館日日新聞に寄せた「郁雨に與ふ」を一冊にまとめた『なみだは重きものにしあるかな』を発行させていただくことができました。編者の遊座昭吾先生は2008年、小社から『北天の詩想』を刊行いたしましたが、常々「啄木の作品はまだちゃんとは理解されてはいない。本当の啄木が理解されるのはこれからだ」と述べておられます。本書は、その意味においても、啄木研究に新たな視点を提供するたいへん重要な書になると思います。
新しい啄木の魅力の発掘を。そんな期待を込めて今年も出版ができたならと考えております。
本年も変わらぬご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

  • 2010年12月31日
  • 本年はたいへんお世話になりました。

12月25日の岩手日報に「なみだは重きものにしあるかな」の書籍広告を掲載いたしました。12月28日の岩手日報文化欄に、同書の紹介記事が掲載されたようで(未確認です)、本日も岩手の読者から紹介の電話をいただきました。
事務所は29日から1月3日まで年末年始休暇になっており、ご不便をおかけいたしますが、ご容赦下さい。留守番電話に御連絡電話番号を入れておいていただきましたなら、できるだけ速やかに小社より連絡させていただきますので、よろしくお願いいたします。
本年も、たくさんの皆様方にお世話になりました。どうもありがとうございます。
来年も、小社ならではの出版を企画いたしますので、よろしくお願いいたします。

Copyright(c) Sakura publishing.